辛抱強く(呆れるほど)相手を待つ

アとアの場合。
本当にびっくりするぐらい、相手のことを待つ。
待って、待って、忘れたのではないかと思うくらい待つ。

とうていプとコには待てるわけがない。
というか、待っている間に、待っていることすら忘れてしまう(笑)いやほんとに。

しかも、相手のアが何故時間がかかっているのかが理解できるらしく、自分が余計な手助けをするようなヤボなことはしない。
手助けをして欲しいときにはきちんと理由を説明して、どういう助けをして欲しいか説明しにくることが解っているのだ。

そして、待っている間も、どういう状態で待っているのかきちんと整理してあるので、いらいらせず相手を信じて待っている。
相手なりの結論を出すまで相手本人に決めさせる。

だから、ア同士が「待った」ことでケンカになったりすることはまず無い。

プやコの場合、待っていることに対してイライラしてしまい、「待たされた」ことに対しての別の感情が生まれてしまい、本来問題だったことなどどうでもよくなってしまいがち。

ア同士の場合、両方が別の空間で時間が動いているのではないかと思ってしまう(笑)

しかも、アはお互いにかたくなに守りあう。
本来あまり暖かいところを見せないアだが、完全に理解し優しくしてあげたいと思う相手には本当にびっくりするほど暖かい。

とても面白い関係だと思う。

by makoto
[PR]

by cpas | 2006-03-26 12:36 | ア&ア  

<< 映画 アメリ この分野は任せた! >>